荒川区 電気工事 漏電改修

2015年09月29日

ホームページからご依頼のお客様です。
 
 「停電してしまった。東京電力に診てもらったら漏電している」
 
とのことです。
 
さぞ、お困りだろうと作業優先度を上げてご依頼の当日に伺いました。
 
15.jpg
 
原因はこれでした。
 
階上の漏水によりコンセントがビシャビシャに濡れています。
 
これで漏電状態になり、漏電遮断機が作動して通電を停止する。
 
万が一のための安全装置が正しく作動したわけです。
 
24.jpg
 
漏水を止めて、該当箇所が乾けば漏電状態からは復帰するはずです。
 
しかし、その期間に他のコンセントも使えないと困ります。
 
とりあえず、このコンセントはバイパスして他のコンセントを使用できるようしました。
 
34.jpg
 
さて、数日後です。
 
もうすっかり乾いたので新しいコンセントを取り付けました。
 
 44.jpg
 
最後に念のため、絶縁抵抗を測定して漏電のチェックを行います。
 
1.527MΩ。
 
OKです!
 
ところで、今回はちゃんと作動した漏電遮断機ですが古い物は要注意です。
 
時々は作動テストをすることをお勧めします。
 
(よ〜く漏電遮断機を観察するとテストの方法が書いてあったりします)
 
ありがとうございました!

墨田区 電気工事 換気扇交換

2015年09月25日

以前にホームページからご依頼いただいたお客様。
 
今回で3回目のご依頼です。
  
毎度ありがとうございます!
 
14.jpg
 
今回はこのキッチンの換気扇を交換させていただきます。
 
最近では珍しくなった浅形のレンジフードです。
 
新規で取り付けることはありませんが、交換需要はまだまだあります。
 
23.jpg
 
既設物を取り外したところです。
 
ここで私には不安が発生しました。
 
33.jpg
 
左側が本体を吊っているネジですが、細くて少々頼りないです。
 
右側のネジに入れ替えてサイズアップしました。
 
43.jpg
 
完成です。
 
52.jpg
 
当たり前ですがピカピカです。
 
新しい換気扇はやはり気持ちが良いですね。
 
ありがとうございました! 

荒川区 電気工事 換気扇交換

2015年09月17日

お得意さまからお客様をご紹介いただきました。
 
ありがとうございます!
 
 13.jpg
 
浴室についている換気扇です。
 
新築時(30年以上前)から使用しています。
 
これを交換させていただくのですがちょっと問題がありました・・・
 
22.jpg
 
本体を取り付けてから天井を貼ってあります。
 
開口を広げないと本体が取り外せません。
 
と、ここまではよくある話なので想定の範囲内です。
 
今回は本体とダクトの接続部が外側(天井裏側)からビス止めされています。
 
普通に考えれば本体横の天井を開かない限りビスは外せません。
 
つまり、交換についてはまったく考慮されていない設計です。
 
さて、どうやって本体を外しましょうか?
 
32.jpg
 
外れました。
 
あっさりと書きましたがここまで2時間かかっています。
 
当店の工具を総動員して施工させていただきました。
 
私もすでにこの時点で頭からホコリまみれになっていますが、
 
作業のメドがついたので一安心です。
 
42.jpg
 
完成です。
 
お客様にもとっても喜んでいただきました。
 
ちょうど時間も夕方になったので、帰って風呂に入りホコリを落とします。
 
おかげさまで今晩もおいしいビールが飲めそうです。
 
ありがとうございました!

荒川区 エアコン工事 吊りハシゴ工法

2015年09月12日

お得意さまからのエアコン交換依頼です。
 
毎度ありがとうございます。
 
2階に室内機、その屋上に室外機を設置します。
 
しかし、今回は足場が無い場所で配管作業をしなければなりません。
 
隣家と接近しているので下からハシゴをかける場所もありません。
 
さて、どう作業を行うか?
 
11.jpg
 
隣の家と隣接しているので屋根を借りて足をかければ作業できます。
 
しかし、今回は思うところがあり屋根を借りないことにしました。
 
そこで「吊りハシゴ工法」でやることにします。
 
屋上から吊りハシゴを掛けて降りていきます。
 
21.jpg
 
まずは古い冷媒配管を切断して撤去します。
 
31.jpg
 
新しい冷媒配管を室内機と接続します。
 
41.jpg
 
全体的に冷媒配管の形を整えます。
 
 51.jpg
 
冷媒配管を室外機と接続して完成です。
 
試運転も上々です。
 
ありがとうございました!

荒川区 インターホン工事

2015年09月07日

webからのご依頼ありがとうございます。
 
 「不通になったドアホンと電話機のアダプタを交換したい」
 
とのご依頼です。
 
1.jpg
 
既設の電話機アダプタです。
 
これで玄関の子機と電話機間で通話ができるようになります。
 
お客様がご自分で新しい物を購入しましたが、取り付けを断念して
 
当店にご依頼いただきました。
 
2.jpg
 
アダプタを外しました。
 
配線を調べて外部に電話する外線と玄関子機との内線を区分けします。
 
3.jpg
 
新しいアダプタを取り付け完了です。
 
 4.jpg
 
引き続き玄関子機の交換作業に入ります。
 
一見、何ともないようですが・・・
 
5.jpg
 
外して裏返すとこの通りです。
 
水がまわってしまって腐食がひどいです。
 
どうやら不通の原因はこれのようです。
 
6.jpg
 
新しい玄関子機を取り付けしました。
 
 7.jpg
 
周りには防水対策を施しました。
 
これなら水も入りません。
 
ありがとうございました!