荒川区 太陽光発電工事 東芝2.88kW

2012年09月27日

季節の変わり目になると天気が心配になりますね。
 
当店も雨だと工事の予定がずれるのでやりくりが大変です。
 
さて、今日は太陽光発電の工事を紹介させていただきます。
 
sany00141.jpg
今回はスレート屋根です。
 
コーキングをしっかりやって防水もバッチリです。
 
見るとこれだけなのですが、実際にはネジ穴の位置や深さ、防水材の材質など培われたノウハウがいっぱいつまっているのです。
 
sany00191.jpg
立て桟を取付ます。
 
天窓があるので避けて取り付けます。
 
dsc063731.jpg
アース線を接続します。
 
sany00331.jpg
今回は東面と西面にそれぞれ6枚ずつ取り付けます。
 
まずは片面が完成しました!
 
sany00421.jpg
もう片面も施工して配線を接続箱にて合流します。
 
もちろん、配線はむき出しにしないで対候性の良い配線カバーを使用します。
 
sany00491.jpg
パワコンの取付も終わりました。
 
配線を露出させずにキレイに仕上げます。
 
sany00531.jpg
後日です。
 
順調に連系できました。
 
東芝のモニターは見やすくて、わかりやすいので私は好きです。
 
ありがとうございました!
 
▲Page Top

太陽光発電工事 東芝6.72kWシステム

2012年09月24日

東京もやっと涼しくなってきました。
 
「暑さ寒さも彼岸まで」とはよくいったもんです。
 
今回はご紹介のお客様でちょっと遠征してきました。
 
sany00021.jpg
この屋根に取り付けます。
 
おなじみの「支持瓦工法」でやらせていただきます。
 
なかなかお目にかかれない立派な屋根瓦です。
 
dsc062901.jpg
支持瓦を取り付ける位置を決めます。
 
sany00131.jpg
支持瓦の取付が完了しました。
 
dsc062971.jpg
立て桟まで完了です。
 
これからパネルを取付ます。
 
sany00361.jpg
電気工事も順調に進んでいます。
 
システムが大きいのでパワコンは2連結です。
 
sany00281.jpg
完成です!
 
28枚で6.72kWの発電量は東芝のパネルならではです。
 
28枚のパネルは壮観ですね。
 
発電効率に関してはすでに実証済なので私も安心です。
 
ありがとうございました!
 
▲Page Top

アウトライダー

2012年09月19日

私が欠かさずに読んでいる雑誌「アウトライダー」
 
簡単に言うとバイクツーリングの雑誌です。
 
似たような雑誌は他にもありますが、一番の老舗で一番の硬派な雑誌です。
 http://www.bikebros.co.jp/eblog/index.php?c=20-
 
dsc065911.jpg
その公式ミーティングが福島県で開催されるとのこと。
 
私も参加すべく常磐道を北上します。
 
dsc065931.jpg
福島県に入ったのでここからは一般道を走ります。
 
小名浜でかなり早めのランチ。
 
さしみ定食¥1,200也。
 
おいしかった〜
 
しかし、時間外れとはいえお客さんの数は少ないです。これも風評被害なのでしょうか。
 
dsc065981.jpg
途中で温泉の一軒宿を見つけました。
 
立派な建物なのに地図にも載っていません。
 
私はこのような場所が好きなんです。
 
dsc065941.jpg
早速、一風呂浴びました。
 
昼前のせいか完全に貸切です。お湯は肌がすべすべして非常に良かったです。
 
dsc06603_21.jpg
会場の福島県安達太良に着きました。
 
途中のんびりしすぎたけど集合時間にギリギリセーフ!
 
続々と全国から集結しています。
 
dsc066071.jpg
不用品を持ち寄ってのチャリティーバザーです。
 
私も微力ながら協力させていただきました。
 
dsc06608_21.jpg
他にも物産販売会もあったり・・・
 
(後でよく見ると編集長が写っていました)
 
dsc06610_31.jpg
 ビンゴ大会があったり・・・
 
(老舗の雑誌だけに参加者の平均年齢は少々高めか?私もその要因ですが。)
 
dsc066131.jpg
自衛隊のバイクです。
 
隊員の方も来ていました。
 
おかげさまでとても楽しい一日を過ごせました。ありがとうございました!
 
 
▲Page Top

太陽光発電工事 シャープ1.11kW 最小システムの収支は?

2012年09月18日

家庭用太陽光発電システムは一般には規模が大きいほどおトクです。
 
イニシャルコストは余分にかかりますが、発電量が多いので余剰電力が発生しやすいからです。
 
そして、余剰電力は電力会社が高い単価で買い取ってくれるので、イニシャルコストの回収が早くなります。

前回、紹介させていただいた1.11kWシステムの収支はどうでしょうか。
 
dsc059881.jpg
シャープの2.5kWパワコンです。
 
少ないモジュール直列数でも対応できる昇圧機能内蔵です。
 
dsc059861.jpg
モニターです。これで発電量を確認します。
 
右側についているのが停電時には電源となるコンセントです。
 
あらかじめ工事契約前に何年位でイニシャルコストを回収できそうかお客様には試算させていただきました。
 
試算にあたっては余剰電力は無く、売電は「ゼロ」としました。つまり、一番の悪条件です。
 
それで試算すると14年弱で回収できることになりました。
 
知識のある方は「売電ゼロの割には回収が早い?」と感じると思います。
 
実はこのお客様はオール電化住宅でした。
 
オール電化は昼間の電気料金単価が高いので、この時間帯に電力会社から電気を買わなくなるだけでそれなりにメリットがあります。
 
そして、発電しない夜間の時間帯は安い単価で電力会社から電気を買うというわけです。
 
実際に3ヶ月経ってあらためて検証しました。
 
売電についてはお客様の外出中は余剰電力が発生してます。また、予想発電量よりも30%も多く発電しています。
 
これなら回収はもっと早くなりそうですね。
 
今日は説明ばかりで文字が多くて申し訳ありません。
 
うまく伝わったかちょっと心配です。ありがとうございました!
 
▲Page Top

太陽光発電工事 シャープ1.11kW これが最小システム!

2012年09月14日

残暑お見舞い申し上げます。
 
いつまで続くのでしょうかこの暑さ・・・
 
今日は小さい屋根の太陽光発電工事をご紹介させていただきます。
 
都内では15坪もあれば立派な戸建住宅が建ちます。
 
dsc059311.jpg
必然的に屋根の面積も限られます。
 
左右上下ぎりぎりなので墨出しもキッチリやります。
 
ここで間違えると太陽電池が屋根に収まりません。
 
dsc059321.jpg
2段目に取りかかります。
 
dsc059361.jpg
2段5列にモジュールを取り付けて1面が完成しました。
 
dsc059381.jpg
もう1面も完成です。
 
こちらは1段3列です。
 
先ほどのモジュールと連結して1.11kWシステムとなります。
 
ちなみに1.11kWがシャープの最小単位となりますので、これより小さいシステムは組めません。
 
また、お客様は国+東京都+足立区のトリプルで補助金をゲットなさいました。
 
ありがとうございました!
 
▲Page Top

電気工事〜電気料金を下げる〜

2012年09月06日

さて、9月から東電管内では電気料金が値上げとなりました。
 
そのせいか、特に電気の基本料金を下げる工事のご依頼が多くなってきました。
 
dsc0648101.jpg
こちらのお客様のケースですと契約を下げるのには東電のリミッター(電流制限器)を取り付けます。
 
dsc064831.jpg
配電盤の右側にボックスを取付ました。
 
当店からの契約変更申請を受けて、後日に東電がリミッターを取り付けてくれます。
 
dsc064801.jpg
念のため、漏電チェックをします。
 
0.678MΩ。
 
合格です!
 
dsc065431.jpg
さて、後日です。
 
リミッターを取り付けて、東電の工事と検査も完了しました。
 
これで契約は11kVA(110A相当)から60Aに下がりました。
 
基本料金はナント年間で¥13,356節約できます。
 
ところで、最近強く感じるのですがお客様のマインドが変わってきました。
 
基本契約を下げるということは一度に使える電気機器が減るということです。
 
以前なら「それじゃ嫌だ」だったのですが、最近は「多少のことなら我慢する」というお客様が増えてきました。
 
節電ということが浸透してきたということでしょうか。
 
ありがとうございました!
 
 
▲Page Top

荒川区 太陽光発電工事 三菱3.0kW

2012年09月03日

今日はちょっと以前の3月の工事を紹介させていただきます。
 
dsc057811.jpg
三菱3.0kWシステムの工事です。
 
今回は瓦屋根なので対象となる瓦を外します。
 
外した後は防水シートがよく付くようにほこりを掃除します。
 
dsc057821.jpg
支持瓦を取付ます。
 
dsc057881.jpg
下段からモジュールを設置していきます。
 
dsc057891.jpg
モジュールを設置しながら、配線も行います。
 
dsc057901.jpg
これで屋根上の作業は終わりです。
 
三菱の単結晶モジュールは色が美しいですね。
 
dsc057951.jpg
接続箱を取付ます。
 
左側の配管は1階のパワコンにいきますが、美観を考えてアイボリー色で施工させていただきます。
 
もちろん、対候性に優れたPFD管を使用します。
 
dsc058281.jpg
さて後日、東京電力立会いで「連系」します。
 
「連系」とは東京電力の配電網に余剰電力を逆潮流させることです。
 
発電へのカウントダウンが始まりました。
 
私はいつもこの時になぜかドキドキします。あと30秒です。
 
dsc058291.jpg
あと3秒・・・
 
dsc058301.jpg
余剰電力量計が回り始めました。
 
連系完了です。
 
これで余剰電力の売電ができるようになりました。
 
お客様は国+東京都+荒川区のトリプルで補助金を¥504,000ゲットです!
 
ありがとうございました!
 
 
▲Page Top