オール電化工事〜エコキュート工事(設置編)〜

2012年06月27日

今日はエコキュートの設置工事を紹介させていただきます。
 
さて、前回の工事で打ったコンクリートも固まる頃です。
 
dsc062311.jpg
まずはアンカーを打ちます。
 
本体を設置すると見えなくなるところですがここが非常に大事です。
 
このアンカーは規定値まで締めれば効果が確認できます。
 
規定値の45Nmに対して46.7Nm。ガッチリとコンクリートに食い込みました。
 
もし、不良のコンクリートだと食い込まないでカラ回りしてしまいます。
 
dsc062341.jpg
排水管を接続します。
 
もちろん、耐熱管を使用しています。
 
dsc062371.jpg
本体を設置します。
 
排水管の位置もバッチリです。
 
dsc062401.jpg
配管を行います。
 
お湯の熱を少しでも逃がさないように断熱をします。
 
dsc062421.jpg
アンカーもガッチリと効いているので大丈夫なはずです。
 
それでも、念のため転倒防止工事をやっておきます。
 
これで心配性の私も安心して寝ることが出来ます。
 
dsc062451.jpg
完成です!
 
ありがとうございました!
 
 
▲Page Top

オール電化工事〜エコキュート工事(準備編)〜

2012年06月21日

10年ほど前にIHクッキングヒーターを当店からWEB経由でお買い上げいただいたお客様。
 
以来エアコン等をお買い上げいただき、ごひいきにしていただいています。
 
dsc061531.jpg
ガス給湯器が壊れたのでエコキュートをお買い上げいただきました。
 
これで念願のオール電化になります。
 
タンクユニットはガス給湯器の設置場所に置けそうです。
 
dsc061991.jpg
エコキュート用のブレーカを増設します。
 
今日はまだ使わないので赤テープで封印しておきます。
 
dsc0619511.jpg
家の配線について漏電の検査をします。
 
OKです!
 dsc061961.jpg
引き続き、既設のアースの検査を行います。
 
う〜ん、こちらは条件付きでOKです。
 
dsc062011.jpg
エコキュート設置場所の地盤の強度を調べるためコンクリートを割ります。
 
強度は十分です。
 
ついでにアースも打ち直します。
 
dsc062361.jpg
アースを再検査します。
 
こんどは文句なしにOKです!
 
dsc062031.jpg
耐熱管を使用して排水管の工事です。
 
もちろん、下水ガスが上がってこないように対策してあります。
 
dsc062071.jpg
鉄筋を入れて基礎のコンクリートを打ちます。
 
dsc062081.jpg
今日の作業はここまでです。
 
後日、コンクリートが固まってから作業再開です。
 
ありがとうございました!
 
▲Page Top

荒川区 電気工事 電気料金を下げる

2012年06月12日

Hさま、お客様のご紹介ありがとうございます。
 
最近、よく電気料金を下げられないかというご相談を受けます。
 
省エネ機器に入れ替えるのも良いですが、このような手段もあります。
 
dsc062251.jpg
こちらのお客様、電気の基本契約が過分のようです。
 
契約を下げることにしました。
 
具体的には配電盤の横に電流制限器をつけて、従量電灯契約のCからBに種別変更をします。
 
dsc062261.jpg
電流制限器を格納するボックスを取付ます。
 
dsc062291.jpg
格納ボックスは配電盤のデザインに合ったものを選定させていただきました。
 
dsc062271.jpg
漏電の検査のために絶縁抵抗を測ります。
 
OKです!
 
dsc062281.jpg
引き続き、アースの検査のために接地抵抗を測ります。
 
OKです!
 
こちらのお客様はこれで年間¥16,380の節約になります。
 
ありがとうございました!
 
▲Page Top