エアコン工事〜リピートご発注ありがとうございます〜(川崎市)

2011年10月25日

以前にご発注いただいたお客様です。

 
また、エアコン工事をご発注いただきました。
 ありがとうございます!
 
dsc050701.jpg
今回は3階に室内機を取り付けて、室外機は1階に置きます。
 
配管が長くて工事が大変ですが頑張ってやらせていただきます。
 
dsc050711.jpg
配管をこう出して・・・
 
dsc050721.jpg
ここで曲げて・・・
 
dsc050731.jpg
ここで下げる・・・

 dsc050641.jpg
ず〜と配管を降ろして横に振ります。
 
dsc050611.jpg
やっと目的地に着きました。
 
ここまで配管長は16mです。
 配管長15mまでの制約がある機種もあるので要注意です。
 
私は配管長20mまでOKの機種をご提案させていただいています。
 このようにコンサルタントさせていただくのが当店の使命と考えてます。(量販店ではこうはいきません)
 
さすがにこれだけ長いと冷媒ガスの補充も必要です。きっちりと規定量を入れます。
 
dsc050571.jpg
コンセントの増設工事もご依頼いただきました。
 
配線を露出することなく得意のいんぺい配線でやらせていただきました。
 
昨今、「いんぺい」という言葉は悪いイメージですが良いこともありますね。
 
ありがとうございました!
 
▲Page Top

ビジネスホン工事〜ご紹介のお客様ありがとうございます〜(東京都荒川区)

2011年10月15日

今日はビジネスホン工事をご紹介します。
 
なじみのお客様からご紹介いただきました。
 
ありがとうございます。
 
会社と住居の併用住宅のお客様です。
 会社で使うには一般家庭用の電話機では役不足。
 そこで、ビジネスホンの出番です。
 
電話機の交換と同時に電話回線もISDNから光に切替します。
 ケーブルTVでやっているインターネットも光に乗り換えです。これで通信費もかなり削減できます。
 
dsc048931.jpg
もともとビジネスホンをご使用中でした。
 これは心臓部である主装置です。
 
電話機の交換はもちろんですがこれも併せて交換しなければなりません。
 
dsc048961.jpg
ビジネスホンはお客様の仕様にあわせて組むため、ハードもソフトもセミオーダーメイドです。
 
基盤が単体で納品されますので組み上げていきます。
 
パソコンを組み上げていく感じと似ています。
 
電話機のラインと外線のラインを配線していきます。
 
dsc048971.jpg
配線がやっと終わりました。
 
dsc048981.jpg
引き続きLANの配線です。
 
ケーブルTVと経路が違うために一部配線の手直しが必要になりました。
 
通線完了!
 
dsc048991.jpg
光用のルータにLANケーブルと電話の外線を接続します。
 
dsc049001.jpg
電話機をつないで工事完了!と思いきや、ここからがビジネスホン工事では山場です。
 
ビジネスホンにはいろいろな機能があります。
 
お客様のご要望をお聞きした上で最適なプログラムを組み上げていきます。
 
反面、プログラム次第ではお客様には使いにくいシステムになってしまいます。
 
そのお客様にとっていかに使いやすいシステムを構築できるかが販売店の力量として問われます。
 
ほどなく無事に作業は終了しました。
 
ありがとうございました!
 
▲Page Top

電気温水器工事〜続・ありえない工事〜(東京都墨田区)

2011年10月01日

以前に「ありえない工事」を紹介させていただいたのですが、またも体験することになりました。
 
今日は「地震で倒れた電気温水器の工事」のご紹介させていだきます。
 
当店のブログを見てご依頼いただきありがとうございます。
 
早速、伺ってみます。集合住宅の3階にお住まいです。
 
dsc0442311.jpg
見た瞬間に息を呑みました。
 
排水の関係で直に置けないので、高さをかせぐために木片をかましてあります。
 
それが地震でずれてしまいました。
 
dsc044271.jpg
マンガ本はお客様がご自分であてたものです。
 
dsc044241.jpg
左後脚は木片から完全に落ちています。
 
dsc044261.jpg
右後脚は骨折しています。
 
こうなるともう修理不能です。交換させていただくしかありません。
 
こんな状態でもコンクリート製の壁に寄りかかって本体は使用できています。
 
dsc044281.jpg
電線が規定より容量不足のため、2本束ねて使用しています。
 
手持ちの電線が無かったのでしょうか・・・
 
他にも
 
 ○幹線の電気容量よりも大きな電気温水器を取り付けている。
 
 ○お得な電気料金の「オール電化契約」がされていない。
 
もう、こうなるとメチャクチャです。施工業者は知識、技術、経験のすべてが不足しています。
 
また、この温水器はまだ新しいようです。室内においてあることもあり、外観は新品同様です。
 
お話を伺うと2〜3年前にマンションを買って、リフォームしたそうです。
 
私「その業者さんには連絡したのでしょうか?」
 
お客様「買った不動産屋が倒産してもう連絡がつきません」
 
    嗚呼!さもありなん!
 
本当にお客様にはお気の毒としか言い様がありません・・・
dsc047691.jpg
さて、気を取り直して後日の工事です。
 
dsc047631.jpg
今回はコンクリートブロックの上に置くことにしました。
 
そこにボルト止めします。
 
しかし、私はまだこれでは安心できません。
 
dsc047641.jpg
上部もアンカーで固定させていただきました。
 
このアンカーの有効性は先日の地震で実証されました。こちらをご覧下さい。
 
これで心配性の私も夜に安心して寝ることができます。
 
dsc047681.jpg
完成です。
 
5月にご依頼いただいたのですが品不足やお客様のご多忙もあり、7月に工事、9月に東電検査と長期間になった次第です。
 
ありがとうございました!
 
▲Page Top