地デジ工事〜絶対絶命!<後編>〜(東京都荒川区)

2011年06月30日

さて、後編です。
 
ここまでの話の流れは
前編をご覧下さい。
 
荒川区でも有数の繁華街。周りがビルだらけの中にそのアパートはありました。
 
dsc046721.jpg
東京タワー方向です。見た瞬間に絶望的な状態です。
 
本来ならこの向きなのですが感度はほとんどありません。
 
他の方向はというと・・・
 
dsc046701.jpg
こちらもビル・・・
 
dsc046681.jpg
こちらもビル・・・
 
dsc046691.jpg
こちらはちょっとひらけていますが、感度がやはりよくありません。
 
しかし、見積でうかがった時からこの程度は想定の範囲内です。
 
暑さで集中力が切れそうになりますが頑張ります。また、熱中症にならないように水分を補給して作業を継続します。
 
計測器片手に位置、方向、高さを変えて受信できるポイントを探して灼熱の屋根の上をうろうろした結果。
 
dsc046751.jpg
受信できました!
 
方向は何とビルの真正面です。
 
ビルの反射波を受信できました。
 
ありがとうございました!
 
 
▲Page Top

地デジ工事〜絶対絶命!<前編>〜(東京都足立区)

2011年06月30日

今日はアパートの地デジ工事をご紹介します。
 
アパートのオーナーさんでホームページから2件もご依頼いただきました。
 ありがとうございます!
 
「ブログを見て赤川さんなら何とかしてくれると思いました」と非常にありがたいお言葉です。
 
しかし、あとで現場を拝見してこの言葉の意味を理解したのでした・・・
 
dsc046671.jpg
1件目です。
 
屋根からの見晴らしです。
 
ここならば遮へい物もないので問題なくいけそうです。
 
dsc046651.jpg
ただ、支線を留める板がちょっと薄いです。
 
dsc046621.jpg
当店ではこのような時には「クギ」ではなくて・・・
 
dsc046631.jpg
「ネジ」を使用して支線を留めます。
 
「ネジ」なら山が大きいので板が薄めでもガッチリ効きます。
 
もちろんサビにくいステンレス製ですよ。
 
dsc046661.jpg
完成です!
 
東京タワーからちょっと遠いせいか荒川区より若干、電波が弱めのような気がします。
 
しかし、テレビの映りには影響がないレベルです。
 
さて、昼食をとって午後から問題の2件目です。
 
後編につづく・・・
 
 
▲Page Top

オール電化工事〜大変お待たせしました〜(東京都荒川区)

2011年06月24日

残念な工事で使用不能になったお客様。
 
やっと、商品が入荷したので施工させていただきました。
 
dsc043911.jpg
向こう側に横たわって見えるのが倒れた電気温水器です。
 
dsc043801.jpg
近寄ってよく見るとボディはベコベコにへこんでいます。
 
dsc043791.jpg
脚もぐにゃりと曲がってしまいました。
 
まさに「全損」状態です。
 
dsc0439411.jpg
さて、既設物を撤去してから施工です。
 
前回はアンカー施工が無いために転倒してしまいました。(他社の施工ですが)
 
今回はしっかりやります。(当たり前ですが)
 
接着系アンカーを使用して、当社なりに防水工事も併せてやらせていただきました。
 
dsc045111.jpg
搬入して配管作業を行います。
 
今回は電気温水器ではなくてエコキュートです。
 
エコキュートを設置すると荒川区は補助金が最高で8万円も出ます。これならばエコキュートの方がお得ですね。
 
dsc044011.jpg
今回は5階のベランダに設置しました。
 
地震対策として上部にも振れ止めを付けます。
 
心配性の私もこれで安心して夜もぐっすり眠れます。
 
ちなみに・・・
 
今日現在、当店の施工物件で転倒のご連絡は1件もいただいておりません。
 
ありがとうございました!
 
▲Page Top

給湯器の新しい奉公先

2011年06月16日

当店でのオール電化工事というとほとんどが新築ではなく、既築住宅のお客様です。
 
ガスからの熱源転換が多いので工事後はガスコンロとガス給湯器が廃棄物となり、
 通常はそのまますぐに処分となります。
 
dsc045551.jpg
知人で震災の津波によりガス給湯器が使用不能になった方がいます。
 
給湯器が使えないということはお風呂にも入れません。
 
お客様の快諾を得て、取り外したガス給湯器には新しい場所で奉公してもらうことになりました。
 
お客様、ご協力ありがとうございました!
 
ところで・・・
 
知人のところでは都市ガスの復旧まで2ヶ月近くかかったそうです。電気の復旧は1〜2週間位。(その後の余震で再停電もあったそうですが)
 
阪神・淡路大震災の時もそうでしたが、やはり災害には電気が強いと再認識しました。
 
▲Page Top

ガス給湯器工事〜大変お待たせしました〜(東京都江戸川区)

2011年06月10日

ガス給湯器が故障しましたが、震災の影響で商品がすぐ入荷しません。
 
この時期にお風呂に入れないのは
ちょっとツライです。
 
とりあえず、貸し出し用のガス給湯器でしのいでいただきました。

dsc046181.jpg
やっと商品が入荷したので施工させていただきました。
 
お客様、お待たせして申し訳ありませんでした。
 
ところで、ガス給湯器貸し出しのご提案をさせていただくと、ほとんどのお客様が「レンタル料はおいくらですか?」と尋ねられます。
 
当店から給湯器をご購入いただけるお客様からはレンタル料はいただいておりません。ご安心下さい。
 
ありがとうございました!
 
▲Page Top

お客様ありがとうございます

2011年06月08日

当店のアンケートにてお客様から大変ありがたいご意見を頂戴しました。
 
ご紹介させていただきます。ありがとうございます!
  ・お名前 = 木村さま
 
  ・担当者 =  赤川 啓
 
  ・当社を選んだ理由 = アフターケア等を考えると、
                  
地元の業者さんが心強いため
 
  ・施工後の感想 = こちらの要望等を組み入れた形で
               
工事していただくなど、非常に満足しています。
 
  ・当社を知人に紹介したいですか? =  紹介したい
 
  ・お客様の声として当社ブログで紹介してよろしいでしょうか? 
                         = はい
 
今後もお客様の「電気のホームドクター」としてお役に立てるように頑張らせていただきます。よろしくお願いいたします。
 
木村邸の工事の様子はこちらをご覧下さい。
 
 
 
▲Page Top

電気温水器工事〜ありえない工事〜(東京都墨田区)

2011年06月01日

震災の影響で電気温水器が漏水して使用不能になったお客様。
 
商品も震災の影響で製造が出来ませんでしたが、やっと商品が入荷して施工となりました。
 
dsc045351.jpg
既設の温水器を拝見すると・・・
 
うん?何か変です。
 
よく見ると・・・
 
dsc0453711.jpg 
電源の電線が規定より細い物がついています。
 
細いということは電流容量が少ないということです。
 
dsc0453621.jpg
電線をたどっていくと途中までは規定通りなのですが途中で細い電線につないでいます。
 
長さが足りなくて手持ちの電線が無かったのでしょうか・・・
 
当店では絶対にありえない工事です。
 
施工した販売店のシールが本体に堂々と貼られていましたが、この販売店はかなり前に倒産しています。
 
dsc045461.jpg
電線を規定通りに交換しました。
 
次は転倒防止のアンカー工事です。
 
既設物にはアンカー工事が施されていませんでした。
 
心配性の私はやるべきことをやっておかないと夜もねられません。
 本体の裏側に廻って私が必死にアンカー施工中です。
dsc045491.jpg 
転倒防止アンカーOK!
 
dsc045471.jpg
完成です。
 
2ヶ月もお湯が使えずに大変お待たせして申し訳ありませんでした。
 
ありがとうございました!
 
▲Page Top