テレビドアホン工事(東京都文京区)

2011年02月22日

今日はテレビドアホンの工事を紹介いたします。
 
Kさま、当店のHPからご依頼いただきありがとうございます。
 早速、伺ってみると・・・
 
dsc040391.jpg
アイホンのテレビドアホンが付いています。
 以前はテレビドアホンというとアイホンが圧倒的シェアを持っていました。
 
故障したので今回は交換のご依頼です。
 
ところが立派すぎて現行の物とサイズがまったく合いません。
 (現行機種はもっと小さいです)
 
外してみると配線用の穴があいていて壁の中が丸見えです。
 これではまったく収まりがつきません。
 そこで・・・
 
dsc040421.jpg
事前に準備しておいたアクリル板で目隠しをします。
 これで何とか格好がつきました。
 
ちなみに今回はパナソニック製品です。
 
ありがとうございました!
 
 
▲Page Top

オール電化工事〜やさしい大家さん〜(東京都荒川区)

2011年02月05日

今回はWEBサイトからのお客様をご紹介します。
 給湯設備の無いアパートですが近所の銭湯が廃業しました。
 
「せめて洗面や手洗いはお湯で」と大家さん。
 
そこで給湯設備を新規に取り付けることになりました。
 
とても親切でやさしい大家さんです。
 もちろん、荒川区の補助金8万円もゲットなさいました。
 
dsc037931.jpg
玄関に本体を設置すると目立つし、収まりが良くありません。
 
屋内の共同炊事場に設置させていただきます。

dsc038231.jpg 
カッターで切り込みを入れて「とりゃー!」と台を外します。
 
このような時の従業員の大熊は頼りになります。

 dsc038241.jpg
台が外れました。
 残りの台部分を補強します。
 
ここにコンクリートの基礎工事を行います。
 
dsc038561.jpg
コンクリートが固まるのを待ってから設置工事に入ります。
 
耐熱性の排水管を使用して排水工事をします。
 メンテナンスでタンクの水を抜く時は熱湯が出てきます。
 
ですから「耐熱管」は必須です。
 
dsc038641.jpg
設置が終わりました。
 
屋内なので基礎が大きくできませんでした。
 これでは地震の時にちょっと心配です。
 
そこで・・・
 
dsc038731.jpg
本体上部に金具を付けて建物の柱にボルトで固定します。
 
これでばっちりですね!
 
dsc038871.jpg
ヒートポンプユニットを取り付けます。
 
dsc038751.jpg
給湯用の蛇口を取り付けて、配管工事をして完成です!
 
今回は炊事場のみの工事ですが、先々はシャワールームの設置もお考えのようです。
 
この度は他店との競合の結果、当店にご発注いただきありがとうございました。

 (当店の方が価格が高かったそうですが、提案力でご選択いただきました。本当にありがとうございます!)
 
 
▲Page Top